リスティング運用における広告文字数の重要性

角丸

端的に商品の特性や利点をアピール

リスティング広告は広告に使用できる文字数が非常に少ないため、端的に商品の特性や利点をアピールするキーワードを用いることが重要になります。広告全般にも言えることですが、少ない文字数でインパクトを与えるためには、言葉や単語そのものにインパクトを持たせることが非常に重要になるのです。また、検索キーワードに対してその興味を煽る表現をストレートに記載することも非常に効果があります。さらに、リスティング運用の観点からすると購買意欲のないユーザーにはクリックして側面もあるため、購買意欲のあるユーザーにのみ引っかかるようなキーワードを広告に盛り込むことで不要なクリックを防ぐということも重要です。専門的なキーワードを配置して、その内容が分かるほど検討しているユーザでなければ興味を持たないようにする方法もあります。

広告料が発生するもの

リスティング運用の観点からは、リスティング広告はクリックされて初めて広告料が発生するものであるため、購買活動に結びつかないクリックを防ぎ、より効率よく購買に結びつけることが大切です。したがって、少ない文字数の中では、出来るだけ興味の対象を絞り込み購買活動を煽ることが大切になってきます。しかし、その一方でクリックさせてランディングページに誘導しそのページの中で購買意欲を煽り購買行動に持ち込むという考え方もあります。リスティング広告の最終目的は購買をさせることですから、最終的に購買活動に結びつくことができればよいのです。特に新たに開設されたサイトのリスティング広告では、クリック率を高め、ランディングページをしっかり作成し顧客をしっかりと囲い込む方法をとっているサイトも数多く存在します。

リスティング運用における広告文字数の重要性
リスティング運用におけるクリック率の重要性
ランディングページとリスティング運用の関係を考える
リスティング運用の問題点をチェックする
リスティング運用はリスティング広告の歴史を把握して
リスティング運用と予算について
リスティング運用とリマーケティングの違いについて
角丸